風俗という業界を通して人と接する
フリースペース
 >  > 思わず10センチくらい飛び上がりました。いよいよだ・・・。

思わず10センチくらい飛び上がりました。いよいよだ・・・。

起死回生の高収入風俗求人サイトから連絡した風俗店での採用ですよ。まさに地獄から天国って感じですが、未経験のまま、当日の体入でお客さんをこれから取ることに・・急に不安になって、店長に思わず聞いてみました。『ねえ、店長。私、きちんと接客できると思いますか…??』店長はニッコリ笑うと、こう答えてました。『もちろん。大丈夫。さっきやった研修の感じでやれば全く問題ないかれね』『ありがとうございます…。私頑張ります』『うん、頑張って。あと5分でお出迎えだから。電話がかかってくるから、そうしたらお客さんを出迎えに行ってね』『ハイわかりました』店長が軽く手を振りながら出て行った。プレイルームにポツン…。一人で、照明がやけに目立つ暗いプレイルームに残されました。(さてと、とりあえず…)照明が強すぎたのと、有線の音量が小さかったので、壁のスイッチを調整します。灯りは暗めにして、赤色灯もドギついのでこれも光量を落とします。そして出来るだけ緊張を隠せるように、音楽の音は大きめにと・・。(…よし…こんなもんかな…)セットし終わった時、突然壁の内線電話がけたたましい音で鳴り響いて、思わず10センチくらい飛び上がりました。いよいよだ・・・。

[ 2015-07-21 ]

カテゴリ: ヘルス求人体験談